なにとぞよしなに

アニメと小説とゲームのブログにしたいと思っているブログ

スター・ウォーズ 反乱者たち 17話〜ダース・ベイダーの活躍と師弟の邂逅、重要な話だった気がする

前回からの続きで今回は後編

初っ端からダース・ベイダーとの戦闘で圧倒的です

ベイダー卿は旧三部作との兼ね合いからか、激しく動き回ることはなく静かに力で圧倒するような演出

それがむしろ強大さを表現できていて興奮します

エズラはもちろんケイナンすら軽くあしらわれる始末なのはさすがでした

 

そして後半は宇宙戦

ここでもベイダー卿はいかんなくフォースを発揮して艦隊を一人で圧倒

手に負えないとはまさにこのこと

間接的に帝国の強大さも表現されているあたりがうまいところですね、反乱軍は決して強い組織というわけではないのがわかります

 

クローン・ウォーズは見ていないので簡単な概要しかわかりませんが、アナキンとアソーカの師弟関係が今後どういった展開になっていくのかは注視していきたいところです

ジェダイの師弟関係はそれぞれに味のある描写がされているのが特徴だと思いますが、アナキン・アソーカの師弟に待ち受ける結末は決して明るいものではなさそうなのが

まあ、このシリーズで終わる話でもなさそうなのでじっくりと待つ感じでしょうね