なにとぞよしなに

アニメと小説とゲームのブログにしたいと思っているブログ

真田丸 4話〜真田昌幸と徳川家康の頭脳戦、いいキャラしてるなぁ

真田丸、毎週面白くて毎話2回くらいは見直しています

 

徳川家のキャラクターはやたらと濃いメンツが揃っていますが、ついに今回家康が本領を発揮してきました

普段のとぼけた感じから打って変わってキレ者の顔を見せる二面性がいかにも家康っぽい気がします

さすがは泰平の世を築く人物といったところ

対する昌幸もいつもながら食えない人物像ではありますが、今回ばかりは少し緊張感が出ていて役者の演技の機微に痺れました

 

それから織田信長明智光秀のキワドイ関係性も見所でした

なるほど本能寺の変はこういう関係性の中で生まれたのか、と納得できるような

どちらの人物も一瞬の活躍だった割には強い印象を残していったな、と

 

それはそうと信長と家康が出てきて、いわゆる三英傑最後の一人である秀吉はどんな存在なのか気になってくる所です

まだまだ真田家の行く末は定まっていないし、見所満載ですなぁ