なにとぞよしなに

アニメと小説とゲームのブログにしたいと思っているブログ

2015紅白歌合戦〜あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます

なにとぞよしなに

 

昨日の紅白歌合戦は例年よりもおもしろく感じられて良かったです

勢い重視で次々にネタをぶっこんでいたので知らないネタも飽きずに見られました

メドレーものがやたら多く、特にアニソンメドレーはちょっと残念感強かったですが…

アニソンで言えばオルフェンズの涙は特段に良かったですね、かっこよかった

ラブライブも特別アニメが良かったと思います、うちの茶の間も別に冷えませんでしたし

小林幸子の千本桜もうまいことアレンジされていてかっこよかった、弾幕はいらなかったけどね

 

アニソン以外にも椎名林檎ゴールデンボンバーの演出はとても凝っていてうなされました

バンプなんかもたまに聴いてみると相変わらずいいものです

トリ・大トリは世代交代を意識しているのかいつもと違う人選・雰囲気でしたし、NHKは放送局の中でも最も先進的な取り組みが多いですね

 

今回の紅白に批判的な向きとして一つ一つのコンテンツが短すぎるといったものやコンテンツに対してのリスペクトがないといったものも出てくると思います

しかし個人的には、価値観が多様化し切った時代になったということで、個々の出演時間を短くしてでもできるだけ多くのコンテンツを出す、というのも一つの在り方だと思います

そういう観点で昨日の紅白を考えると、ネットの影響力が高まり、個人の趣向が重視され、大スター不在の時代を象徴する構成でした

一方で、老若男女が楽しめるように出演順をよく考えてあり、息つく暇のないようにも構成されており、なかなかうまいことやってくれたと思います

 

2015年を紅白で振り返ることができましたが、2016年はどんな年になるのか…

今から楽しみですが、僕も精進せねば、ね