なにとぞよしなに

アニメと小説とゲームのブログにしたいと思っているブログ

Soundfort DS-200 初めてのDAC、買ってみてその有用性が身に沁みた

良いヘッドホンには良いヘッドホンアンプが必要、というのは良いヘッドホンを使ってみて初めて理解できることでしょう

特にスマホPCのイヤホンジャックを使っていると次第にその音が変なことに気づけます

パワー不足だったりノイズが乗ってたり要するにアラが見えてくるということですね

 

そのような問題をもっとも手軽に解決し最善の環境を手に入れる方法はヘッドホンを接続できるタイプのUSB-DACを使うことでしょう

パワー不足は解消されノイズは限界まで少なくなる、まさに一石二鳥の策ですね

 

問題は何を買えばいいのか皆目見当がつかないというところ

値段的な面でも馬鹿にならないですし

 

そんな中、Google広告らしきものから見つけたのがSoundfortDS-200

定価37,200円はギリギリ手が出ない金額だなぁ、と感じたものの発売記念特価でAmazon29,000円(直販なら27,600円)であればギリギリ手が出る金額

決定的だったのはUSBと光デジタル入力があることと、ラインアウトとヘッドホン出力があること

お手軽感と将来的な拡張性の両立がなされていて3万円未満ということでかなり幅広いニーズに応えてくれていると思います

 

効果のほども上々で、特にPS4Macからヘッドホンに繋ぐ際に活躍中

PS4のコントローラーやMacについてるアナログ端子からヘッドホンに出力した場合はどうしても薄っぺらいというか、ノイズ混じりというか、必ずしも気持ちの良い音ではありませんでした

DS-200でデジタル-アナログ変換を行うことでかなり明瞭な音が得られたため、個人的にはPCの内蔵スピーカーから外付けスピーカーにランクアップさせた時のような大きな満足感を得られました

きちんとしたヘッドホンを既に持っているのなら、下手にヘッドホンを買い漁るよりもDACを導入した方が間違いなく良いと断言できる程度には満足できています

 

初めて買ったDACであるため別の機種との比較が不可能ではありますが、初めてのDACとしてもきちんと効果を実感出来るレベルにあるDS-200はなかなかお買い得な買い物になったと思います

なんだか売れ行きも上々な模様で、いつの間にか在庫完売・予約注文受付中・発売記念特価が8月まで延長とのこと

まだDACを持っていないけどきちんとした性能のDACが欲しい、というような人は購入検討してみる価値があるように思います