なにとぞよしなに

アニメと小説とゲームのブログにしたいと思っているブログ

東方紅輝心 レミリア・咲夜編クリア&トロフィーコンプリート~サクサクアクションRPG、出来がいいだけにもっとボリュームが欲しかった…

f:id:ryu-thr13:20160216011710p:plain

 

2014TGSでのPSプラットホームでのインディーゲーム推しと東方二次創作ゲームの発売は各方面に衝撃だったことと思います

そのプロジェクトは発表後も粛々と進められていて、去年あたりから続々と東方関連ゲームが出てきています

個人的にインディーゲームはもっと評価されるべきだと思っていて、特に日本のインディーゲームは海外に比べて比較的売りにくい状況にあると思うので、もっと応援したいところです

そんな中でコンシューマーゲーム機で遊べる東方二次創作ゲームの存在は大きい今のところ発売されたもの全部購入してプレイしております

 

そして先週発売されたPS4東方紅輝心、もちろんプレイ

ゲームシステムとしてはRPG的な成長要素とアクションを組み合わせたオーソドックスでとっつきやすいもの、使うボタンも少ないです

操作感はファルコムの「イース」シリーズに近い感じといっても僕は「イース」は1作しかプレイしていないのですが

装備品の能力値が手に入れるごとに変化するシステム、いわゆるディアブロ的なハクスラ要素も搭載されていて単調なレベルアップだけに限らない成長を感じながら爽快にプレイできます

ゲームシステムは長い時の流れに洗練された王道的なものなのでアクションが苦手な人から大得意な人にまで誰にでもオススメできます

 

ゲームバランスとしてはかなり簡単めに調整されているので、ゲーム慣れしていれば特に詰まる部分はないと思います

逆に言えば普段ゲームをプレイしない人でも楽しめるように工夫されていますね

普通にプレイしている分にはバランスが大きく崩壊してる部分もなく、強いて言えば回転攻撃系のスキルが便利でしょうか

操作キャラはレミリア咲夜2人から選べます

大きな差はないですがレミリアが近距離攻撃寄りでジャンプ時間が長く、咲夜が遠距離攻撃寄りの性能になってはいます

しかし微々たる差なので好きなキャラを選んでしまって全く問題ないでしょう

「アクションゲームなんてプレイしたこともない!!」みたいな人が初めてプレイするならジャンプ性能が高いレミリアを選ぶと若干楽にプレイできると思います

 

特筆して褒めるべき部分は少人数で作られたインディーゲームとしては飛び抜けて美麗なグラフィックと、グラフィックをさらに際立たせながら世界観作りにバッチリ貢献しているBGMでしょう

BGMについては東方シリーズお馴染みの部分でもあるので非常に安定したクオリティですね、聴き疲れしないように工夫してアレンジされていると思います

グラフィックについては公式HPなんかでも確認できますが、非常に綺麗で幻想的な風景を表現できています

個人的に好きなのは横スクロールになる場面で、背景の奥の方まできっちり作り込まれているのが好印象でした

 

f:id:ryu-thr13:20160216011759p:plain

 

あえて欠点を挙げるならボリュームが不足しているところ

トロフィーコンプリートまでプレイしても10時間かかりませんレミリア編と咲夜編を両方プレイしてもすぐにクリアできてしまいます

加えて隠しダンジョンがいわゆるコピペダンジョンだった点についても、もう一捻りしてあればなお良いかなと感じました

プレイ自体がどこまでもサクサクと爽快で、飽きることなく最後までプレイできるからこそボリュームの少なさだけは残念この点についてはインディーゲームということでさらなる発展に期待したい!