なにとぞよしなに

アニメと小説とゲームのブログにしたいと思っているブログ

テレビ

真田丸 8話~表裏比興の者ここにあり、しかし家康は昌幸の思惑を見抜いていて、どうなる…?

ついに動き出した真田昌幸、上杉北条徳川の三大勢力を知恵と機転で操る様子が描かれています しかし時は戦国の世、策略の結果には血の臭いもつきまとっていてそこに昌幸の覚悟が見えます 一方でそのような背水の覚悟とはまだまだ程遠いところにいる息子たち…

真田丸 7話~ついに大きく動き出した真田昌幸率いる真田家、対比構造を駆使したストーリーでハラハラする

真田丸、今までは周りに振り回されてきた真田家がついに動き始める重要な回でした 次回予告からして合戦するのかなと思ったら一瞬で沼田城も岩櫃城も占拠しちゃっててちょっと残念ではありましたが… 真田丸のテーマは5話の感想でも書いた通り「出来事」では…

真田丸 6話~信繁を取り巻く女性関係が急展開、とはいえ一番の見所はやっぱりラスト5分の昌幸だった…

本能寺の変からの明智光秀の三日天下(実際は十日天下だったか)がまだ続いている真田丸 今回は信繁の姉・松が行方不明になったり、そのことで落ち込んだ信繁を慰めることができたりできなかったりするヒロインたちがいて、大した出来事がなかった割にはいろい…

真田丸 5話~それぞれに動揺する真田昌幸と徳川家康、4話で持ち上げておいて一気に落とす手法に見事にはまって爆笑してしまった

真田丸、4話ラストの30秒くらいで本能寺が焼け落ちてしまったわけですが、当然ながら天下に広がる動揺は甚大だったというのが克明に描写されています 4話で見事に化かし合いを演じて見せた真田昌幸と徳川家康の二人も例に漏れず大慌て あの冷静沈着で頭脳明…

真田丸 4話〜真田昌幸と徳川家康の頭脳戦、いいキャラしてるなぁ

真田丸、毎週面白くて毎話2回くらいは見直しています 徳川家のキャラクターはやたらと濃いメンツが揃っていますが、ついに今回家康が本領を発揮してきました 普段のとぼけた感じから打って変わってキレ者の顔を見せる二面性がいかにも家康っぽい気がします …

真田丸 3話〜増えるヒロイン、落ちぬ勢い、そして小競り合いの演出が進歩!

今週末はほとんどゲームにつぎ込んでいたのであんまり録画を消化していませんが真田丸はきちんと見ました、なぜならおもしろいから ヒロインが続々登場、それからそのヒロインたちの活躍もあって大いに女性が目立つ話でした 特に茂誠・松夫婦のキャラクター…

わたしを離さないで 2話〜子役の演技がいちいち素晴らしい、が子供編は終わりか…

最近あんまり金曜ロードショーを観ないので、裏番組の「わたしを離さないで」を録画するのに躊躇いのない僕です 1年に何回ジブリをやるんだ… それはそれとして「わたしを離さないで」ですが子役の演技が光ります 一部の教師の演技がちょっとアレなので浮いて…

真田丸 2話〜武将のキャラ立ちとラストの真田親子のやり取りで笑ってしまった

荘厳なオープニングとは裏腹に笑い重視で進んでいく大河真田丸 が、笑い重視とはいえ話の内容としては割と重め さすがに戦国時代は人がバッタバッタと無残に死んでいきます だからこそ真田昌幸のやたらと茶目っ気のあるキャラクターは特に際立っていると思い…

わたしを離さないで 1話〜世界的に名高い原作のエッセンス、どこまで取り込めるか

カズオ・イシグロは僕の好きな作家の1人であります などといちいち宣言するまでもなく世界的に有名な作家なのですが、内容的にはシリアスな話が多く非常に小説にマッチした物語だと思います 「わたしを離さないで」は彼の作品中でも特に、登場人物に現在進行…

真田丸 1話〜和製ハイエンドドラマ、今年一年楽しめそう

ハイエンドコンテンツって時代における一つの目安としてとても大事だと思うんですよね ゲームでいえばFINAL FANTASY、テレビアニメならガンダムシリーズ、そしてテレビドラマなら大河ドラマ とは言っても大河ドラマをまともに見るのは初めてなんですけどね …

2015紅白歌合戦〜あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます なにとぞよしなに 昨日の紅白歌合戦は例年よりもおもしろく感じられて良かったです 勢い重視で次々にネタをぶっこんでいたので知らないネタも飽きずに見られました メドレーものがやたら多く、特にアニソンメドレーはちょっ…